昭和大学横浜市北部病院 看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • オンラインインターンシップ・病院見学会

Pick up

新着情報 一覧はこちら

  • 昭和大学横浜市北部病院
    2022.10.4
        医療安全管理室は、患者さんが安全な医療を受けられる環境を構築するために、様々な医療安全推進活動を行っています。   室員は、室長である医師をはじめ、医療安全管理者の看護師、医薬品安全管理責任者、…
  • 昭和大学横浜市北部病院
    2022.8.31
        7月は医療機器の取り扱いとして、ベッドサイドモニター、除細動器、輸液ポンプ、シリンジポンプの研修と、救命救急処置の研修を実施しました。どちらの研修も、高度な知識と技術が求められます。不安と緊張を…
  • 昭和大学横浜市北部病院
    2022.7.27
        早いもので入職してから4カ月目を迎え、夜勤の勤務に挑戦をしています。 今までにはない緊張感と責任感を感じながら、患者さんのために日々、切磋琢磨しています。         こちらは、車いすからベッド…
  • 昭和大学横浜市北部病院
    2022.6.20
          5月から本格的に針や注射器を使用した実技演習が始まりました。 誤って針を刺してしまわないよう一層緊張感が増します。 今回は初めて注射や静脈留置針の取り扱いにチャレンジした新人看護職員の様子を…

看護部長挨拶

地域に信頼される病院のために 心のこもった医療を提供します

私たちは、患者・家族の皆様が満足できる医療サービスを提供することを目指しています。横浜市北部病院は、地域の皆様の信頼と期待に応えるため、患者さんの権利や尊厳を守りつつ、患者さんと共にチーム医療を実践しております。患者さんを中心に医師や看護職などの様々な専門職が密接に連携を持ち、多様な医療サービスの提供ができることを推進しています。また、横浜市北部医療圏の急性期医療の役割を発揮し、心のこもった医療の提供に取り組んでいます。

当院は、急性期医療及び緩和ケアやメンタルケアの医療を提供しています。地域住民の皆様が住み慣れた環境で生活を維持できるように、地域医療のネットワークを通して、切れ目のない医療の提供を実践しております。社会の様々な環境変化や多様なニーズに対応できるように、学習する組織づくりをいたします。また、私たちは、多職種と協働したチームをつくり、看護職員一人ひとりが自ら考え行動し成長していくことを目指します。

写真:磯川 悦子 看護部長
磯川 悦子 看護部長

施設概要

昭和大学横浜市北部病院

所在地 〒224-8503
横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1
電話番号
045-949-7000(代表)
045-949-7906(看護部)
045-949-7000(代表)
045-949-7906(看護部)
許可病床数総数 許可病床数 689床(緩和ケア25床、精神・認知症92床)
看護部長 磯川 悦子
看護職員数 看護職員数 762名(助産師:55名、男性看護師:51名)2021年4月現在
看護体制 7対1
勤務体制 二交代制
卒後教育プログラム 31コース
診療科目 呼吸器センター、消化器センター、循環器センター、甲状腺センター、こどもセンター、女性骨盤底センター、メンタルケアセンター、救急センター(ER)、緩和ケアセンター、内科、皮膚科、放射線科、臨床病理診断科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科・歯科口腔外科、歯科麻酔科
特別診療施設 救急センター、緩和ケア病棟、メンタルケア病棟、国際消化器内視鏡国際研修センター
分娩件数 1,093件(帝王切開33.3%)

※(財)日本医療機能評価機構病院機能評価認定※災害拠点病院※がん診療連携拠点病院

ページの先頭に戻る