昭和大学統括看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • オンラインインターンシップ・病院見学会

先輩看護師の声

先輩看護師の声

昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院 勤務
PROFILE
N・Aさん
勤務科:消化器外科・食道外科・腎移植センター 勤務歴:2年 出身県:東京都
分からないことや困った際などに声をかけやすい環境なのも魅力の1つです



プロフィール(つづき)
■入職年度:2021年
■出身学校:昭和大学



昭和大学附属病院(今働いている病院)の魅力


昭和大学病院の魅力は、看護師間で円滑なコミュニケーションがなされており、看護師の教育体制も充実していることです。経験ある看護師さんが身近にいる環境から、看護師として大きく成長できると感じています。また、今働いているN13は病棟の雰囲気が明るく、看護師が一致団結しているところが魅力です。急性期病棟で常に忙しいですが、少し余裕のあるメンバーがケアを手伝うため、声を掛け合う場面が多くあります。また、分からないことや困った際などに声をかけやすい環境なのも魅力の1つです。


今後の目標


私には理想の看護師像があります。臨床実習の際に指導していただいた看護師さんです。患者さんやご家族に対していつも穏やかに接し、その人柄、包容力で患者さんやご家族に安心感を与えていました。患者さんも、あの看護師さんにはなんでも話せるという信頼感があると仰っていました。私もそのような存在になりたいと考えています。今はコロナの影響で面会制限があり、ご家族との関わりが難しい状況ですが、電話やテレビ電話などを用いて積極的にご家族ともコミュニケーションを取っていきたいです。


勉強法


日勤終わりに1時間、休みの日は何時から何時までと時間を決めて勉強しています。私は消化器外科に勤めているため、食道がん・胃がん・大腸がんなど疾患ごとに勉強をまとめ、プリセプターの先輩に確認してもらっています。臨床に活かせるようアドバイスを頂き、最後にチームリーダーにチェックしてもらっています。また、仕事で新しく学んだことや、きちんと覚えておきたいことがあったら、その場でメモし、帰宅したらすぐに復習し、業務の時に持ち歩くポケットメモに整理しています。


看護学生に伝えたいこと


毎日の勉強や実習お疲れ様です。看護師になってからは日々大変なことや辛いこともありますが、勉強したことを処置の時に活かせた際やケアの後に「ありがとう」と言われた時にやりがいを感じ、毎日充実しています。また、優しい先輩方や同期に支えられ、昭和大学病院に就職して良かったと感じています。学生時代勉強したことは臨床で必ず活きてくるので、今とても大変だと思いますが頑張って下さい。





 

 

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る