昭和大学藤が丘病院 看護部/昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • インターンシップ・病院見学会

教育・新人レポート

新着情報

2018.7.10
少しずつですが、頼れる存在になってきました

みなさん、こんにちは。関東では観測史上最速で梅雨が明けてしまいました。毎日が猛暑日の中、今後の水不足が心配されます。

 

 

さて、新人ナースたちは入職3か月が経過し、できる仕事も増えてきました。少しずつですが、頼れる存在になってきました。

 

 

今日は、救急蘇生の演習を行いました。救急看護認定看護師の小林係長からレクチャーをうけます。

 

 

 

 

いよいよ演習開始。まずは心肺蘇生を行います。1分間に110回のリズムで胸骨圧迫!

 

 

 

 

次に小児救急看護認定看護師の遠藤係長から、AEDの操作方法を習います。

 

 

 

 

いよいよ実技テストです。なかなか胸骨の位置がつかめません。始めはリズミカルだった胸骨圧迫も、後半はヘトヘト。「圧迫が浅い!」と講師から声がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

救急蘇生は常に訓練をして、そのスキルを維持することが重要です。これからも毎年訓練に参加して、自分のスキルに自信を持ちましょう。病院外でも人命救助にあたれるような看護師を目指そう!

 

 

 

(昭和大学藤が丘病院 教育担当次長 福山麻衣子)

 

 

昭和大学藤が丘病院ではインターンシップを受付中です。お申込みはコチラ

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る