About看護部概要

看護部長からのご挨拶

対象の痛みや苦しみに、
心からこたえられる看護をめざします

水辺と緑が豊かな江東区の豊洲地区に昭和大学江東豊洲病院は位置しています。江東区臨海エリア地域の発展と共に、ポテンシャルの高い病院として日々進化しています。当院は、小児医療、周産期医療、二次救急医療機関、災害拠点病院として対応できる医療機関として設立され、①まごころの医療、②安全・安心の医療、③地域と連携する医療、④医療人の育成を病院の理念としています。

看護部組織のめざす姿は、「まごころをこめた看護」です。「まごころ」とは、いつわりのない真実の心、人に尽くそうという純粋な気持ちのことであり、誰もが持つ人間本来の心です。「まごころをこめた看護」とは、「一人ひとりの痛みや苦しみに、心からこたえられる看護」であると捉えています。対象の気持ちを考えること、そして、対象の想いを受け止められる集団であることを目指しています。さらに、様々な対象に対して私たち看護職に何ができるのかを考え、追及することで、確かな技術へと変化し、看護ケアの質の向上に寄与すると考えています。よりよい看護が継続的に提供できるよう看護研究に励み、看護の有用性を裏付けるためのエビデンスを探求することができる人材を育成します。

看護部長 小笠原 京子

看護部長 小笠原 京子

施設概要

昭和大学江東豊洲病院
所在地〒135-8577
東京都江東区豊洲5-1-38
電話番号03-6204-6000(代表)
許可病床数総数400床
看護部長小笠原 京子
看護職員数453名(助産師:29名、男性看護師:26名)
看護体制7対1
勤務体制二交代制
卒後教育プログラム29コース
診療科目消化器センター(内科・外科)、循環器センター (内科・心臓血管外科)、脳血管セン ター(内科・外科)、救急センター (ER)、こどもセンター(小児内科、小児外科)、周産 期センター(産科、新生児科)、食道がんセンター、内科系診療センター(内科呼吸器・ アレルギー内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、腎臓内科、腫瘍内科、精 神科、皮膚科、放射線診断科、放射線治療科、臨床病理診断科、リハビリテーション 科、外科系診療センター (呼吸器外科、一般教急外科・形成外科、乳腺外科、整形外 科、婦人科、眼科、麻酔科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、歯科・歯科口腔外科、歯科麻酔科、集 中治療科)
特別診療施設CCU/ICU、NICU、血液浄化室
分娩件数677件(帝王切開率35%)

※災害拠点病院 ※難病医療協力病院 ※地域医療支援病院 ※地域周産期母子医療センター ※日本医療機能評価機構認定病院

看護部の理念

昭和大学江東豊洲病院看護部は、地域に信頼される病院として、患者さんやご家族が、安全で安心できるまごころの看護を提供します

看護部のビジョン
(組織の具体的な将来像)

昭和大学江東豊洲病院看護部は、患者・家族・学生・地域住民・国際的な医療や看護ケアのニーズに応えるために、チーム医療を推進し患者・家族が安心できる質の高い看護を提供します。

看護部のバリュー
(すべてのスタッフが取るべき行動の判断基準)

  • 1私たちは、安全を最優先に行動し、患者・家族との信頼関係を築きます。
  • 2私たちは、最良の看護を提供するために専門能力を向上し続けます。
  • 3私たちは、多職種と連携・協働しチーム医療を実践します。
  • 4私たちは、地域との連携を強化し地域医療に貢献します。
  • 5私たちは、新しい医療・看護をめざし研究活動を行います。
  • 6私たちは、災害医療を強化し地域に貢献します。