昭和大学統括看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • インターンシップ・病院見学会

新着情報

2018.5.10
「密着!新人看護師の1年間の歩み」~活動・休息援助技術の演習 その②~

昭和大学の新人教育の中で看護基本技術修得のために講義、演習を行います。


今回は活動・休息援助技術の演習 「ボディメカニクスを用いた体位変換」の中の「ストレッチャーの移乗・移送」に密着しました。①と同様に、演習協力者の脳卒中リハビリ認定看護師 萩原木染さんから直接指導を受けます。研修の講義、演習には多くの専門看護師、認定看護師が参加しています。

 

112名の専門看護師、認定看護師が所属する昭和大学ならではの、専門的で最新の知識技術を直接学べるのが特徴です。

 

■藤が丘病院 木下祐唯さん

 

 

 

広い演習会場には実際の病棟で使用されているベッド、ストレッチャー、車いすが置かれています。木下さんが行うのは、自力体動困難な患者さんをストレッチャーへ移動し、ストレッチャーからベッドへ戻すという演習です。まずはストレッチャーの上に患者さんの体の下に敷くスライディングシートを準備します。

 

 

 

患者役の新人が病衣を着てベッドに臥床します。4人の新人が看護師役で、患者役の新人を体位変換し、体の下にスライディングシートを敷き、移乗の準備をします。このあと4人の力でストレッチャーに移動していきます。介助者が腰を痛めないよう、ボディメカニクスに気を付けながら行うのはなかなか難しく、汗をかきながら実施していました。

 

 

▼木下さんコメント

「実習以来久しぶりに、体位変換や移乗を行いました。懐かしく、新鮮でした。ボディメカニクスを意識しながら行うのはとても難しかったです。安全に行えるように復習します」

 

 

▼簗瀬コメント

「助産師である木下さんにとっては、ストレッチャーの移乗・移送の実技を行うのは久々の体験だったようです。講義で学習したことを思い出しながら、マニュアルに則って行っていました。他病棟の新人看護師と同じグループになり、全員で繰り返し練習をすることで、意見交換が出来、新人同士の結束も強まります。笑顔で和気藹々と演習を行う姿が印象的でした」

 

次回掲載予定 5月中旬頃 内容:番外編① 新人看護師を指導する専門看護師・認定看護師に密着!します。

 

■バッグナンバー
▶第5回「密着!新人看護師の1年間の歩み」~活動・休息援助技術の演習 その①~
▶第4回「密着!新人看護師1年間の歩み」感染予防の技術演習に密着します!その②
▶第3回「密着!新人看護師1年間の歩み」感染予防の技術演習に密着します!その①
▶第2回「密着!新人看護師の1年間の歩み」大学病院の決意表明
第1回「密着!新人看護師の1年間の歩み」藤が丘病院・藤が丘リハビリテーション病院の決意表明

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る