昭和大学統括看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • オンラインインターンシップ・病院見学会

先輩看護師の声

先輩看護師の声

昭和大学藤が丘病院 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 勤務
PROFILE
N・Rさん
勤務科:循環器、呼吸器、腎臓内科、リハビリテーション科 勤務歴:2年 出身県:千葉県
わからないことが少しずつわかるようになり、業務に対する不安や焦りが軽くなりました



プロフィール(つづき)
■入職年度:2021年
■出身学校:神奈川県立平塚看護大学校



昭和大学附属病院(今働いている病院)を選んだ決め手


新人教育が充実しているところです。屋根瓦式の教育となっているため、自分が困っている時や悩んでいる時、どの先輩に声をかけても相談にのってもらうことができます。一人で抱え込まず、業務を行うことができる安心感があると思ったからです。




 

今後の目標


次年度から、受け持ち看護師として患者さんを担当します。様々な患者さんに合わせた退院支援調整ができるように頑張りたいです。今は退院支援カンファレンスに参加し、先輩たちから退院支援を学んでいます。


勉強法


入職したばかりの頃は、分からないこと、初めて聞く言葉がほとんどで何から勉強していけばよいか悩みました。疲れや緊張で全く学習が進まないこともありました。私の勉強法は、忙しい時や疲れている時でも「1日ひとつわからないことについて調べる」です。初めて聞く言葉、薬の名前、見学した処置など何でもよいので帰り道の電車の中や寝る前の5分間、覚えることを目指すのではなく、知っている、聞いたことがある程度のレベルで学習していきました。わからないことが少しずつわかるようになり、業務に対する不安や焦りが軽くなりました。


看護学生に伝えたいこと


日々の学習や実習で毎日とても忙しいと思います。忙しい中でもたまにはゆっくり、自分の時間を作り、好きなことをして過ごすことが大切だと思います。頑張っている自分をたくさんほめて自分を大切にしてください。自分を大切にすると、また頑張ろう!と思うことができ、また患者さんに対しても優しく、温かく関わることが出来ると思います。一緒に働ける日を楽しみにしています。





 

 

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る