昭和大学統括看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • オンラインインターンシップ・病院見学会

先輩看護師の声

先輩看護師の声

昭和大学横浜市北部病院 勤務
PROFILE
S・Aさん
勤務科:整形外科、形成外科、歯科 勤務歴:2年 出身県:神奈川県
一緒にリハビリを行い、元気になって退院されていく患者さんを見ると、とても嬉しく感じるのと同時にやりがいも感じられます



プロフィール(つづき)
■入職年度:2021年
■出身学校:昭和大学保健医療学部



昭和大学附属病院(今働いている病院)を選んだ決め手


学生時代の実習で附属の病院を回り、看護師同士で声を掛け合う様子や病棟の雰囲気を見て、看護師のチームワークの良さを感じました。 働いている今でも、先輩・後輩の関係はありつつも、お互いが助け合い、教え合う関係性が成り立っており、教育体制でもある屋根瓦式を実感しています。

 

入職して嬉しかったこと


私の働いている科は、主に整形外科の患者さんが多いため、手術や治療を終え、一緒にリハビリを行い、元気になって退院されていく患者さんを見ると、とても嬉しく感じるのと同時にやりがいも感じられます。


入職して苦労したこと


今年度初めて新人を指導する立場になり、教える側としての責任を感じることが多くありました。自分自身の姿勢や態度を見直し、頼り易い存在となれるように努力しました。最初は緊張していて不安そうな表情をしていた新人さんが部署の雰囲気に溶け込み、チームの一員として働いている姿を見るととても嬉しく思います。


休日の過ごし方


業務中はアセスメントや時間配分などを考えながら行動し、気を張っている時間が多いため、なるべく休日はゆっくりと過ごすようにしています。 お昼まで寝たり、友人と食事に行ったりとストレス解消にも繋がっています。 コロナ禍の現在は、外出することが難しいため、家で韓国ドラマを見たり、ネットショッピングを楽しんでいます。


看護師を目指した理由


高校生の時に一日看護体験をして、臨床で働く看護師を間近でみた際、患者さんに向き合い、その人に合った看護とは何かを考えている姿に憧れを感じました。 私も患者さんの思いに寄り添った看護を提供できるよう日々心掛けています。





 

 

 

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る