昭和大学横浜市北部病院 看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • インターンシップ・病院見学会

チーム医療

摂食嚥下口腔ケアチーム

摂食嚥下口腔ケアチーム

2015.7.10

口腔ケアについて

入院を必要とする患者様は、感染に対する抵抗力が低下することが多く、種々の感染症に罹患しやすくなります。口腔ケアを実施し、口腔内を清浄化することは肺炎をはじめとした呼吸器合併症の予防や摂食嚥下機能の維持・向上、認知機能に対する効果など、身体的・精神的にも重要なケアの一つとされています。北部病院では、入院患者様全員に口腔ケアアセスメントシートを用いてスクリーニングを行い、介入対象となる患者様にはより専門的な口腔ケアが実施できるような体制をとっています。口腔ケアセンターのメンバーは、医師(歯科医師、リハビリテーション科医師、歯科麻酔医)、歯科衛生士、看護師(集中ケア認定看護師、摂食嚥下障害認定看護師)で構成され、多職種連携を基盤とし、毎週火曜日に口腔ケア回診を実施しています。看護師との立場として、口腔内の観察、ケアのみならず、ケア実施中の全身状態の変化の有無を観察し、安全かつ効果的に口腔ケアが実施できるようチームのメンバーと連携をとっています。また、ケアの実践者である全ての看護師が継続的に質の高いケアを提供できるよう、口腔ケアに関する学習会の開催や病棟でのOJTを実施しています。

 

 

 

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る