昭和大学横浜市北部病院 看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • インターンシップ・病院見学会

教育・新人レポート

新着情報

2020.8.24
救急救命処置技術

今回は、先日行われた救急救命処置の講義・演習の様子をご紹介します。



認定看護師による講義では、処置の流れや手技のポイントについて説明がありました。また、処置開始前に「患者の鼻・口をハンカチなどで覆うこと」と最新情報も説明され、新型感染症から自分を守ることも大切であると話しがありました。

 

 

 

 

▼BLS・AED演習

 

新人「学生の時よりも、院内や病棟で起きたらと思うと身が引き締まります。」

 

 

 

 

 

 

 

 

▼気管内挿管の介助

介助は医師や周囲の状況を見て、先回りすることが重要!

 

 

 

新人「医師の役割も体験することで、物品の渡し方や立ち位置がよくわかりました。」

 

 


救急カート

 

 

 

 

いざというときに安全に使用できるよう、日頃から整備・点検を!物品名や薬剤の使用目的は、今のうちからおさえておきましょう。

 

 

 

 

 

 

▼除細動器

医療機器のため、今回も臨床工学技士の方にご協力いただき、取り扱い方と日常点検を教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 急変時の対応については、一人ひとり技術を磨いておくことはもちろんですが、急変時には協力体制をとることも必要になります。




物品を渡すときに声をだす、自分の行動や考えを言葉にするなど、積極的にコミュニケーションをとることが課題です。

 

 

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る