昭和大学江東豊洲病院 看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • インターンシップ・病院見学会

教育・新人レポート

新人教育・現任教育

新人教育・現任教育

I. 看護部の教育目的

組織理念に基づき、常に質の高い看護が提供できる看護師を育成する。

II. 看護部の教育目標

  • 患者中心の安全で安心、やさしい看護を提供できる専門職者の育成

    常に対象の想いを尊重し、患者さん一人ひとりの痛みや苦しみに、心からこたえられる知識・技術・態度を身につけることができる
  • 根拠に基づいた臨床看護実践ができるジェネラリストの育成

    最新のエビデンスに基づいた看護実践ができるよう、常に自分自身の能力を開発・維持・向上できる
  • 看護の専門性を発揮しチーム医療を推進できる自律した人材の育成

    チーム医療の中で看護師の役割を理解し、チーム医療のキーパーソンとしてリー ダーシップがとれる

III. 現任教育について

江東豊洲病院は全科混合の部署構成になっています。そのため、昭和大学附属8病院共通のクリニカルラダーを活用し、領域の垣根を越えた知識・技術を身に着け、安全・安心の看護が提供できるよう、OJT・Off-JTを展開しています。昨年よりクリニカルラダーの評価にはコンピューターを使用し、結果や課題が可視化できるようにしています。

IV. 新人教育

江東豊洲病院は、平成26年度より新人看護職員を採用し、昭和大学統括看護部共通の新人教育プログラムに沿って新人教育を行っています。教育を通して新人看護師が、そして、もちろん教える側も有意義な1年間が過ごせるよう力を合わせてすすめています。新人教育責任者の係長、専門・認定看護師による講義・演習が充実しています。

このページを見た人は、他にこのページも見ています

ページの先頭に戻る