昭和大学横浜市北部病院 看護部
  • 採用試験日程・会場
  • 合同就職説明会
  • インターンシップ・病院見学会

Pick up

新着情報 一覧はこちら

  • 昭和大学横浜市北部病院
    2018.1.11
      岐阜聖徳学園大学 3年 児見山 紗代さん 4A:産婦人科病棟・W4:マタニティハウスでの参加               感想: 子宮底の位置や母乳指導の見学ができてよかった。 わかりやすく説明していただき…
  • 昭和大学横浜市北部病院
    2017.12.25
     12月20日、今年度最後の新人研修が行われました。9か月間の自分の成長と今後の目標設定をして、みんなで志を確認し合いました。     私たち新人教育担当者からみても、新人たちの成長を実感できた研修となりま…
  • 昭和大学横浜市北部病院
    2017.12.21
        2017年4月に入職してから8か月が経ちました。 受け持ち人数が増え、自分の未熟さを痛感する日々ですが、できることが増えて楽しさも感じています。 そんな中、冬のボーナスを頂きました! 大きな額に驚き…
  • 昭和大学横浜市北部病院
    2017.12.21
      冬のボーナスをいただきました!  初めて目にした大きな額に驚きましたが、入職してから約9か月頑張ってきた自分自身を認めることができる良い機会となりました。 まだまだ未熟な点も多くありますが、より一…

看護部長挨拶

"心こもる病院であり続ける"ために「BEST」&「BEST」で臨んでいます

当院は2001年3月、横浜・港北ニュータウンに地域の基幹病院としてオープンしました。今年で16年目を迎え、更に躍進するための組織改革に職種を超え職員一丸となって取り組んでいます。

私たちは、「至誠一貫」の建学の精神を基盤とし、「患者さんの信頼に応えることのできる常に心こもる病院」を目指しています。また、看護部では「患者さんやご家族にとって最良(ベスト)の結果のために最善(ベスト)を尽くす」を理念とし、心こもる最良の看護を提供することを目標としています。その一つが患者さんを中心としたチーム医療の提供です。電子カルテを有効に活用しながらチームで情報を共有し治療やケアの方針を決定しています。また、患者さんやご家族、必要に応じて地域の医療・福祉メンバーもチームの一員として捉え、各々の専門分野の知識に加え患者さんやご家族の意見も反映して最善の治療・ケアが提供できるようベストを尽くしています。

そして、患者さんにとって安全で安心な看護の提供はもちろん、看護職員が看護の楽しさを実践を通して体得でき、私たちの病院を地域になくてはならない信頼される病院とするために、スタッフ一人一人が相互の信頼のもとに成長できる組織をめざしています。

写真:立川 京子 看護部長
立川 京子 看護部長

施設概要

昭和大学横浜市北部病院

所在地 〒224-850
横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1
電話番号 045-949-7000(代表)
045-949-7906(看護部)
許可病床数総数 許可病床数 689床(緩和ケア25床、精神・認知症92床)
看護部長 立川 京子
看護職員数 看護職員数 744名(助産師:56名、男性看護師:50名)2017年4月現在
看護体制 7対1
勤務体制 二交代制
卒後教育プログラム 73コース
診療科目 呼吸器センター(内科・外科)、消化器センター(内科・外科)、循環器センター(内科・外科)、心臓カテーテル室科、救急医学科、メンタルケアセンター(スーパー救急・認知症ケア)、こどもセンター(新生児、小児内科・小児外科)、内科(一般内科、内分泌・代謝、神経、腎臓)、皮膚科、放射線科、リハビリテーション科、臨床検査科、外科(一般外科、乳腺、形成、美容)、脳神経外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、病理科、歯科(口腔外科)、緩和ケア
特殊診療施設 ICU、NICU 、GCU、救急センター(1, 2次救急)、マタニティハウス、国際内視鏡センター
分娩件数 1065件(帝王切開35.3%)

※(財)日本医療機能評価機構病院機能評価認定※災害拠点病院※がん診療連携拠点病院

ページの先頭に戻る